このページの本文へジャンプ

塗装事業メニューへジャンプ

菱彩テクニカ株式会社サイト内共通メニューへジャンプ

ここから本文です。

ここからこのページまでのパンくずリストです。

ここまでパンくずリストです。

主要耐久性試験

複合サイクル試験装置

複合サイクル試験装置

塩水噴霧⇒乾燥⇒湿潤のサイクルで評価する方法で塩水噴霧性に比べ加速性と実屋外環境との相関性がよい試験方法である。

規格 JISH8502、K5621〜5628
JASOM609・M610

促進耐候性試験装置

促進耐候性試験装置

紫外線による樹脂、プラスチック、ゴム製品などの劣化度合いを調べる。

規格 JISA1415、B7753、D0205、
H8685、K2246、K6266、
K7350−4、Z9107、Z9117

塩水噴霧試験装置

塩水噴霧試験装置

防食性を評価する一般的な方法であるとともに、塩害地における防食性の目安ともなりうる試験方法で素材の腐食性を塗膜でどの程度防げるかを調べる。

規格 JISH8502、H8681−2、
Z2371、K5600

ここまで本文です。

ここから塗装事業メニューです。

塗装事業 Paint Enterprise

このページの本文へジャンプ

塗装事業メニューへジャンプ

菱彩テクニカ株式会社サイト内共通メニューへジャンプ