このページの本文へジャンプ

除湿器事業メニューへジャンプ

菱彩テクニカ株式会社サイト内共通メニューへジャンプ

ここから本文です。

ここからこのページまでのパンくずリストです。

ここまでパンくずリストです。

よくあるご質問

No. 分類 事項 回答
1特性・性能 除湿能力はどのようにして測定しますか? 恒温・恒湿槽内(30℃60%環境)に除湿素子を取付けた容器を入れ、除湿素子を動作させて、容器内の相対湿度が、60%から50%になるまでの時間を測定して算出します。
2特性・性能 動作中に素子は発熱はしますか? 動作中、素子表面は手で触れられる程度の発熱をします。容器内の湿度が下がると共に、除湿素子に流れる電流も少なくなり、発熱量は低下していきます。
3特性・性能 電源OFF時の通気性はどうなるか? 固体高分子電解質膜は気体を透過しますので、電源をOFFにすると時間の経過と共に容器内外は平衡状態に戻ります。
4特性・性能 筐体の内側・外側で圧力差がある時、除湿能力は、どう変わるか? 除湿能力は、容器内の絶対水分量に比例して変化しますが、容器内外の温度変化による圧力差では、除湿能力に影響はありません。
5特性・性能 膜が結露した状態(始動時)での除湿能力はどうか? 膜が乾燥するまで、除湿性能は発揮出来ません。
6特性・性能 除湿された容器内は、酸素濃度が上がるのでしょうか? 容器内の酸素濃度は上昇しますが、酸素濃度の上昇は、完全密閉容器の場合でも、約2%程度で、通常の気密容器では、リークがありますので、酸素濃度は殆ど上昇しません。
7特性・性能 −20℃で動作出来るか? 使用温度範囲は、−10〜50℃ですが、−20℃環境でも動作することを確認しております。
8特性・性能 屋外で0℃以下の場合、電極表面は凍結しないか? 0℃以下でも凍結する事はありません。
9特性・性能 気体状で放出されるが、その中に有害ガスを含んでいないか? 100%純粋な水蒸気で、不純物は一切含まれていません。
10特性・性能 除湿器「ロサール」の絶縁耐力はいくらありますか? AC入力端子⇔対地間:商用周波耐電圧性能 AC2000V 1分間です。
11特性・性能 防爆仕様はないか? 防爆仕様のものはありません。
12使い方 取り付け方法は? 製品仕様書、取扱説明書、除湿素子取付方法を参照願います。
13使い方 使用電源は?突入電流は? 使用電源は、取扱説明書に記載しております推奨電源の仕様を満たすものをご使用願います。除湿素子に流れる電流につきましては、使用環境で大きく変化しますので一概に定義出来ませんが、20℃、65%環境の場合 MDL−5:定常電流は、約1A程度です。又、ピーク電流(電源ON時の突入電流)も使用環境により異なり、バラツキもありますので参考値として次に示します。
(参考値)30℃、60%環境の場合
MDL−3:5〜7A程度
MDL−5:7〜10A程度
MDL−7:12〜15A程度
14使い方 素子供給電圧について、DC3V±0.1Vと非常に厳しい条件であるが、3V±10%で問題無いか カタログには、供給電圧をDC3.0±0.1Vと記載しておりますが、使用上、この電圧範囲を確保することが困難な場合は、DC 2.9〜3.3Vの範囲でご使用下さい。除湿素子の特性上 DC2.9V以上は確保願います。又、膜の経時劣化を抑制するため、DC3.3V以下でご使用下さい。
15使い方 電源一台で複数駆動することは避けるようにとあるが、それはなぜなのか? 一台の電源で複数の除湿素子を駆動した場合、次のようなことが懸念されますので、注意事項として記載させて頂いています。
直列接続の場合:いずれか1枚の除湿素子が外部要因で短絡故障した場合、他の正常な除湿素子に過電圧が印加され、故障の原因に繋がる可能性があります。 又、いずれか1枚の除湿素子が何らかの原因で、開放故障した場合、他の正常な除湿素子に電圧が印加されないため、全ての除湿素子が動作しなくなります。
並列接続の場合:いずれか1枚の除湿素子が外部的要因で短絡故障した場合、他の正常な除湿素子へ電圧が印加されないため、全ての除湿素子が動作しなくなります。
16使い方 使用機種形名と除湿できる体積との関係は? 目安としましては、機種選定グラフを参考にしてください。
除湿素子については、MDL−5の場合はRDH−5J1と同等です。 屋外盤の結露対策の場合、除湿素子の性能低下も考慮して、容器内を50%程度まで除湿出来る機種を推奨しています。
但し、適用される製品の仕様により、異なりますので最終的には、除湿素子を適用する容器内の湿度をどの程度まで下げたいかでロサールの型名を選定して頂く必要があります。
17使い方 どの程度の密封構造が必要ですか? 扉部:外周をパッキンシールにて密閉性を確保して下さい。
ケーブル引込み口:パッキン&パテ等で気密性を確保して下さい。 パッキンでも多孔質のスポンジの場合には密閉性が確保出来ていない場合がありますのでご注意ください。 そのときは容器内の湿度が期待した湿度まで低下しない場合があります。
18使い方 使用する容器の材質としてはどんなものが良いのですか? 容器の材質は出来るだけ、透湿性・吸湿性の無いものを使用して下さい。
金属やガラスは良好ですが、アクリル、プラスチック及び建材は吸湿し期待通りの性能が出ない場合があります。
19使い方 シール剤の使用について教えてください? 容器の気密性を確保するため、シール剤を使用される場合は、シリコン系シール剤の使用を避けてください。
シリコーン基が含有されていますので、シール剤が硬化する際にオキシムガス及びシロキサンガスが発生し、
素子部の表面に付着して、電気分解を阻害します。
使用する場合はポリウレタン系のシール剤を推奨いたします。
なお、シール後は溶剤の影響を除くため、完全に乾燥後、除湿素子を取り付けてください。
※推奨品は、使用上の注意「除湿素子の7項」に記載。
20使い方 ごみの付着に対し、除湿への影響は? オイルミスト,粉塵等の影響が懸念される環境で使用される場合は、必ず透湿シートを取付けて下さい (透湿シートを取付けることで、ゴミ対策にもなります)
※推奨品は、使用上の注意「除湿素子の11項」に記載。
21使い方 屋外盤に使用する場合の風雨対策は? 屋外盤に使用される場合は、雨水や虫が入らないよう防虫ネット付(パンチングメタル)防雨カバー(オプション部品)を必ず取付けて下さい。
22使い方 素子交換の判断方法は?
(寿命の考え方)
除湿素子の性能は、ご使用と共に徐々に低下していきます。性能低下の程度は、使用環境温度で大きく異なります。
弊社で実施している加速試験での推定寿命(保証値ではありません)は、連続使用の場合18℃環境で、性能半減期(カタログ記載値の1/2)が4〜6年です。 連続使用でない場合性能半減期は延びますが、経時的劣化もありますので、稼働時間に比例するわけではありません。
また、使用温度が上がると性能半減期も短くなります。 弊社では、御社の装置での仕様上、除湿素子の性能低下がどの程度まで許容されるのかが判りませんので、 性能半減期を除湿素子を交換する目安とさせていただいています。
23その他 評価する場合 貸出可能か? 申し訳ありません。
除湿器の貸出しは行っておりません。 評価用として、特別価格での提供は可能ですので販売代理店へご相談願います。 なお、評価用として提供させて頂きました場合は、評価試験データを提供して頂くことが条件となりますので、宜しくお願い致します。
24その他 RoHSに対応しているか? RoHS規制6物質について法規制値以上の含有はありません。
25その他 CEマーキングは対応しているか? CEマーキングを宣言した製品はありません。
但し、RoHS規制6物質の含有量は法規制値以下です。
26その他 「ヒーター方式」に比べて値段が高いようですが? イニシャルコストは高いですが、ランニングコストを含めた、トータルコストで見るとロサールが断然安くなります。
27その他 故障した場合の修理は可能ですか? ロサールは、製品毎交換して頂くことを基本にした製品ですので、原則として修理は行っておりません。製品交換での対応になります。
28その他 保証期間は何年ですか? 1年間です。

ここまで本文です。

ここまで除湿器事業メニューです。

このページの本文へジャンプ

除湿器事業メニューへジャンプ

菱彩テクニカ株式会社サイト内共通メニューへジャンプ